TOP >  結婚式  >  結婚式にかかせない婚姻届

結婚式にかかせない婚姻届

結婚式の前に婚姻届を出す人もいれば、結婚式がおわってから届ける人もいる。
結婚式はいろいろな準備に慌ただしく時間が流れ、目に見えるイベントですが、婚姻届の提出ということは忘れがちです。結婚式が終わって一息ついた時に、まだ届け出をさしていなかったと、後に気付くカップルもいます。印鑑を押して持っていくだけというシンプルな作業ですから、役所に行き用紙に必要事項を記入して提出してしまいましょう。この手続きをすませなければ、結婚式を終えても法的に夫婦とは認められません。
婚姻届用紙には著名・捺印が必要です。夫と妻、保証人2人の計4名の記入欄があります。
記入漏れが一つでもあると受理してもらえませんし、法的なことなので記入欄はきちんと見直しをしてください。届け出る役所によって用意する枚数が異なることがありますが、婚姻届のほかに、戸籍謄本が必要になるケースもありますので、事前に確認しましょう。
戸籍謄本は本籍地の役所に申請しなければなりません。遠方の場合、時間がかかることがあるので、事前に区役所などに直接聞いて見て下さい。
婚姻届については、24時間いつでも受理されます。
挙式を終え、旅行からもどってきてから入籍というパターンが多く、婚姻届を出すタイミングは特に決まっていないようです


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/35

TOP >  結婚式  >  結婚式にかかせない婚姻届