レーシック手術が心配なら・・:内容のご紹介

▼ レーシック手術

● レーシック再手術をしないために
レーシック手術により、視力が回復したのをいいことに、パソコンやゲームを長時間楽しんだり、暗い部屋で本を読んだり・・・などの、そもそもの視力が低下した要因を再び繰り返していたら、同じ様に視力は低下してし

● レーシック手術に失敗は?
レーシック手術は、視力低下に悩む人に画期的な治療法として、近年話題の視力矯正法ですね。 海外では日常的な治療法として取り入れられていますが、日本においては、レーシックという名前は知られてはいても、まだ

● レーシック手術は生命保険の対象外?
レーシックによる手術を受けることをお考えの方は、近視治療やその他の角膜の屈折異常の矯正のために考えている方が多いと思います。 ですが、目に関わることなので、レーシックが良いのはわかっていても、怖くてな

● レーシック手術の後遺症とは
レーシック手術は、近視や遠視・乱視などで、長年苦労してきた人々にとって朗報ともいえる矯正法といえますね。 レーシック手術を受けたことによって視力が回復し、長年お世話になったメガネやコンタクトとお別れが

● レーシックの再手術が必要になる場合
レーシック手術による角膜の屈折異常の矯正は、通常であれば一度手術を受ければ視力が回復するものとされていますが、まれに施術後、思うような結果が得られず、再手術が必要となる場合もあります。 レーシックで再

▼ レーシック前に

● レーシック費用と健康保険
レーシックの費用はどれ位かかるのでしょう。 また、その費用に健康保険は適用されるのでしょうか。 まず、レーシックの費用ですが、病院やクリニックによっても値段は様々で、片目だと5万円〜20万円弱が多いよ

● レーシックにかかる費用は
レーシック手術の費用は病院、クリニックによってかなり開きがあるようですが、高ければ安心で、安ければ安心でない、とは一概には言えません。 自分が実際に信頼してできるところであれば、それが一番のようです。

● レーシック手術前に医師と会うこと
レーシックで視力は回復させたいとは思うけど、眼の中に異物を入れるコンタクトレンズでさえ抵抗があるのに、眼を削るなんて考えられない!と、今一歩踏み込めない人も多いのではないでしょうか? レーシックも近年

● レーシック治療を受けられない人は?
レーシック手術で角膜の屈折異常の矯正治療は、誰でも受けることができるのでしょうか。 答えはNOです。 レーシックの手術による治療は、問診や眼科検査の結果によっては受けることができない人もいるのです。

● レーシック手術のデメリット〜その1
レーシック手術は視力の低下に悩む方や、強度の近視や乱視で仕事やプライベートで長年不自由を感じてきた人にとっては、まさに願ってもない矯正術のように感じられると思います。 レーシックの本場、アメリカでは、

▼ レーシック全般

● イントラレーシックとは?
イントラレーシックについて、」今日は考えて見ます。 どんな世界でもそうですが、技術は日々進歩していきますね。それは、とてもありがたいことです。 そして実は、近視矯正手術「レーシック」についても、論外で

● レーシック後は老眼にならない?
レーシックでは、現在の技術では老眼までは防げません。 老いは誰にもやってきます。自ら望まなくても勝手にやってきます。 現時点では、レーシックで老眼は治せないということになっています。 生まれたときから

● レーシックと乱視について
レーシック手術は一般的に、近視矯正手術として広く理解されているようです。 しかし、近視しか矯正できないわけではないのです。 近視と乱視の両方を持っているという人も少なくないと思いますし、乱視だけがある

● レーシック体験をした芸能人
レーシックについて情報を集めていたら、いろいろな人々の体験談がありました。 テレビでよく目にする芸能人であったり、スポーツ選手であったりする人が、写真入でコメントを載せているのを見ると見ず知らずの人が

● レーシック手術当日のお化粧
レーシック手術は、若干後遺症などの心配はあるものの、視力が悪いことで今まで不自由をしてきた人にとっては夢のような治療法に感じ増すね。 男性であれば、レーシック手術を受けることに関する心配は、携わってい


スポンサードリンク

レーシック手術が心配なら・・ 最新記事No.1

イントラレーシックとは?

イントラレーシックについて、」今日は考えて見ます。
どんな世界でもそうですが、技術は日々進歩していきますね。それは、とてもありがたいことです。
そして実は、近視矯正手術「レーシック」についても、論外ではありません。

「イントラレーシック」。
これは、従来のレーシックと何がどう違うのでしょう?


では、違いをみてみましょう。

最も大きな違いは「フラップ」の作成の方法です。

フラップとは、角膜を切り抜いて作る「蓋」のことでしたね。
その蓋の作り方が、レーシックは手動で、また、イントラレーシックは機械で作られるという点が大きな違いです。

それに、視力が悪くなればなるほど、角膜を深く削らなければならないわけですが、レーシックに比べてイントラレーシックの方が深くまで削ることができます。

従って、、イントラレーシックの方が、強度の視力回復が可能であるということになります。

他にも、レーシック後に起こる「ドライアイ」の症状が、イントラレーシックの場合は発生率が低く済むのことも分かっています。
とは言え、レーシックもイントラレーシックも、希望する全ての人間が受けることができるわけではありません。
もともとの角膜に異常がある、あるいは角膜移植をしている人、重い糖尿病や膠原病、出産前後の人、以前に疾患による眼の手術を受けた人などは、残念ながら受けることはできません。これは以前にも説明したとおりですね。


また、職業によっても受けられないケースがありますので、自分が該当しないかを確認されるといいでしょう。

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼お問い合わせ

  • お問い合わせ、相互リンク
    はinfo@@adxba.comまで。
    メールの際には@は1コに
    変えて下さいね!
    よろしくお願いします。