TOP >  レーシック前に  >  レーシック手術のデメリット〜その1

レーシック手術のデメリット〜その1

レーシック手術は視力の低下に悩む方や、強度の近視や乱視で仕事やプライベートで長年不自由を感じてきた人にとっては、まさに願ってもない矯正術のように感じられると思います。
レーシックの本場、アメリカでは、実際に日本とは比べ物にならないほどの多くの症例があり、多くの人がレーシックによって視力を取戻しています。

日本においても、症例こそまだ少ないですが、レーシックによってクリアな視界を取戻し喜んでいる人は多いです。
また、実は有名人やスポーツ選手の中にもレーシック手術を受けている人も多いんですよ

どんなことに於いても言えますが、レーシックにおいても、メリットがあればデメリットも存在するのです。では、
レーシックにおけるデメリットにはどのようなものがあるか挙げてみたいと思います。

デメリットとして挙げられるものに、レーシック手術を受けても個人差があり、必ずしも思うように視力が回復しない場合もあるということです。

レーシック手術によって得られる効果は、患者さんの眼の状態など様々なものが個々に違いがある為に一様に同じ結果にはならず、どの程度の視力回復効果が期待できるかという術前予測には限界があります。
このため、手術してみないと実際の効果のほどはわからないとも言えます。

レーシックにおけるデメリットについては、クリニックであらかじめ説明されることですが、このようなリスクを理解した上で手術を受けるかどうかを決めなめればなりませんね。


              


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/416

TOP >  レーシック前に  >  レーシック手術のデメリット〜その1

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼レーシック手術が心配なら・・のオススメ本