TOP >  レーシック手術  >  レーシック手術後の心配〜その3

レーシック手術後の心配〜その3

レーシック手術に関しては、目に関わることなだけに、様々な後遺症などの不安もある場合が多いと思います。もちろん、手術後にはそれまで悩みの元だった、視力が回復するという期待がありながらも・・・。

そこで、レーシックの術後にクリニックに寄せられることが多い質問についてまとめてみました。

レーシックの術後、紫外線を目に受けることで異常が起こることはあるのか?という質問をする方が多いようです。

これは、レーシックの手術を受けたこととはあまり関係がなく、元々あまりにも強い紫外線を裸眼で受けることは目にとって良いことではありません。

夏場の紫外線の強い時期や、紫外線の照り返しのあるスキー場のような場所に行くようなときには紫外線をカットするサングラスなどを使用し、目を守るようにしましょう。

レーシックの手術を受けても、視力の回復が思わしくなかったりで、メガネを必要とする方もいます。

でも、手術後1ヶ月程度経過しなければ視力が安定しないため、メガネを作るのに正確な視力を測定することができないのです。

そのため、手術後にメガネがないと手元が見にくいような場合には、クリニックで既成品のメガネを貸出している場合もあるようですので、相談してみるとよいでしょう。
きちんとしたメガネを処方するのはレーシック手術後1ヶ月以上経ってからにしましょう。

またレーシック手術後には、それまでよりも目が乾燥すると気になることがあるようです。

これはドライアイと呼ばれてますが、手術時に角膜内部の知覚神経が切断されてしまうことで涙の分泌量が減るために起こる症状です。
神経が切断されると聞くと驚きますが、3ヶ月程度もすれば切断された神経は再生されるので心配はないですよ。

手術前からドライアイの傾向があった方の場合には治療で改善することも可能ということです。


              


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/421

TOP >  レーシック手術  >  レーシック手術後の心配〜その3

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼レーシック手術が心配なら・・のオススメ本