TOP >  レーシック全般  >  レーシックと眼圧

レーシックと眼圧

レーシックの手術を受けると、それまでよりも眼圧が下がるという話しを聞いたことがありませんか?果たしてこれは本当でしょうか。

その前に「眼圧」って?というところからお話をしてみます。
きっと「眼圧??眼の圧力ってなに??」という方が多いと思いますので・・・。

眼の中には、角膜や水晶体といった組織があるのはご存知ですね。
これらの組織には血管がないのです。
そして、どのようにしてその組織の機能を維持するかというと、房水(ぼうすい)という液体が血液の代わりに循環して機能を維持しているのです。

この房水の圧力のことを眼圧と呼んでいます。

もっとわかりやすくたとえるなら、ボールを想像してみて下さい。
ボールの中の空気が房水です。
たくさん入っていれば眼圧が高くなるということです。
このように考えると分かりやすいですね。

では、眼圧がなにかわかったところでレーシックのお話に戻りたいと思います。

レーシックの手術によってなぜ眼圧が低くなるのか?
実は、ただ数値上低くなっているだけで、実際に低いわけではないそうです。
これは眼圧を測定する眼圧計に原因があります。

眼圧は「非接触眼圧計」という測定器で計るのが一般的になっていて、この測定器は眼に空気を当て、角膜のへこみ具合で眼圧を計るのですが、ひとつ欠点があります。
それは、角膜の厚さに測定値が左右されてしまうのです。
つまり角膜に厚みがあると眼圧が高く測定され、薄いと低く測定されるということです。
レーシック手術とは、角膜を削って屈折率を変える手術なのでその分角膜が薄くなっており、眼圧が低く測定されてしまうのです。

もし眼圧を測定することがあった場合には、正しい数値を測定する為に「検査前にレーシック手術を受けています」ということを必ず伝えるようにしましょう。


              


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/425

TOP >  レーシック全般  >  レーシックと眼圧

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼レーシック手術が心配なら・・のオススメ本