TOP >  レーシック前に  >  レーシック治療を受けられない人は?

レーシック治療を受けられない人は?

レーシック手術で角膜の屈折異常の矯正治療は、誰でも受けることができるのでしょうか。

答えはNOです。
レーシックの手術による治療は、問診や眼科検査の結果によっては受けることができない人もいるのです。

まず、事前の問診によって受けることができない人がいます。
膠原病や自己免疫疾患を持っている人などです。
このような場合は、手術後の傷の治療が困難であったり、ドライアイの後遺症が出たりする場合もあって、レーシック治療には向かない人とされています。

また、妊娠中やその可能性がある場合、出産後の授乳中の場合などです。
この時期は、ホルモンのバランスが崩れやすい時期にあたるため、角膜の屈折も不安定になる恐れがあります。また、レーシックを受けたとしても施術後に合併症を抑える為に薬剤投与をする可能性もあるために、レーシック治療は適当ではないとされています。

他の疾病関係でレーシック治療を受けられない場合とは、糖尿病やステロイド剤を使用中の方、ケロイド体質の方は傷の治りに悪い影響が出る恐れがあるためレーシック治療を受けられません。

さらに精神神経科系統の疾患がある場合にも、インフォームドコンセント(十分な説明による理解)を本人から得にくいという理由から、レーシック治療は受けられないのです。。


次に、検査の結果によって不可となる場合です。
これは目が極端に奥に引っ込んでいる場合、いわゆる「奥目」の場合には手術の難易度が高くなるという理由で受付けてもらえないこともあります。

また、角膜が小さい場合や元々薄い場合なども、フラップが作れなく、矯正効果が得られない可能性から不可とされています。

その他には、重度のドライアイや角膜ヘルペス、緑内障、網膜剥離の手術後といった場合です。
この場合は、レーシック治療によって目の障害につながる恐れがあるため、クリニックでの受け入れを拒否されます。


尚、疾病とは関係ないですが、18歳未満の場合も手術を受けることはできません。


              


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/426

TOP >  レーシック前に  >  レーシック治療を受けられない人は?

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼レーシック手術が心配なら・・のオススメ本