TOP >  レーシック手術  >  レーシックの再手術が必要になる場合

レーシックの再手術が必要になる場合

レーシック手術による角膜の屈折異常の矯正は、通常であれば一度手術を受ければ視力が回復するものとされていますが、まれに施術後、思うような結果が得られず、再手術が必要となる場合もあります。

レーシックで再手術となるのは、どのような場合でしょうか。

レーシックで再手術となるケースは、手術の仕方が悪かったということではありません。レーシックの施術を受ける患者さんの視力の状態や角膜の状態によって起こる場合がほとんどのようです。

レーシック手術とはまず、視力を回復するために角膜を削る手術のことですね。
「フラップ」と呼ばれるフタを目に作り、できたフタを開けます。
そこから角膜に向けてエキシマレーザーと言うものを照射して角膜を削り取り、角膜の屈折率を変化させて視力を回復させるというのがレーシック手術の仕組みです。

ですが、強度の近視の人や角膜が元々薄いような人がレーシックの手術を受けた場合には、思うように視力が回復しない場合があります。

これは、角膜を削りすぎてしまうのを避ける為に、レーシックの手術では角膜をはじめから大きく削ることはせず、極力薄めに削るということも関係しているかもしれません。

そういった事情などもあり、レーシックを行うクリニックの大部分では一定の期間を定めてレーシックの再手術において無料で受付けるシステムがあるということです。

また、レーシックの再手術となった場合には、「イントラレーシック」という、メスではなく機械でフラップを作る新しい施術法を採っているところもあるようです。


              


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/427

TOP >  レーシック手術  >  レーシックの再手術が必要になる場合

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼レーシック手術が心配なら・・のオススメ本