TOP >  レーシック手術  >  レーシック手術の後遺症とは

レーシック手術の後遺症とは

レーシック手術は、近視や遠視・乱視などで、長年苦労してきた人々にとって朗報ともいえる矯正法といえますね。

レーシック手術を受けたことによって視力が回復し、長年お世話になったメガネやコンタクトとお別れができた方も多いと思います。

レーシック手術においては、現在では失敗して失明したりすることはまず有り得ないといえます。
ですが、後遺症については稀に残る場合が過去の症例による報告で明らかになっています。

レーシック手術で起こる後遺症とはどういったものがあるか見てみましょう。

レーシック手術で起こる後遺症はいくつかあります。
まず、レーシック手術を受けて数ヶ月程度の間、光が通常感じる程度よりも明るく感じられることがあります。

これは、「ハロー現象」または「グレア現象」といいますが、大半の人は施術後数ヶ月が経過すれば通常の状態に戻るということです。
ですが、まれに後遺症として残るという例が報告されているようです。


明るさに関係したことでは他に、色の明暗の差を感じづらくなることもあるそうです。
カラーコーディネイトのような色彩に関係する仕事をしている方がレーシック手術を受けようと言う場合は、慎重に検討した方がいいでしょう。

その他、考えられる後遺症としては、執刀医の技術不足による乱視、ドライアイ(術後数ヶ月)、フラップが剥がれるといったものがあるようですが、これらは実績のあるドクターがいるクリニックを選ぶことで避けられるものです。
情報収集の際には、そのドクターの経験・実績についても情報を集めましょう。


              


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/430

TOP >  レーシック手術  >  レーシック手術の後遺症とは

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼レーシック手術が心配なら・・のオススメ本