TOP >  レーシック手術  >  レーシック手術に失敗は?

レーシック手術に失敗は?

レーシック手術は、視力低下に悩む人に画期的な治療法として、近年話題の視力矯正法ですね。

海外では日常的な治療法として取り入れられていますが、日本においては、レーシックという名前は知られてはいても、まだまだ症例は少ないのが現状です。

レーシックは近代医療において、視力回復の為の先進的な治療法であることには違いありません。

でも、そのような画期的なレーシック手術には、失敗というものは絶対にないのでしょうか?

レーシックは直接目に施す治療なので、失敗=失明と考える方もいるかもしれません。

ですが、レーシック手術が施されるようになってから今までの間、手術の失敗によって失明したという報告は一例もないということなのです。

レーシックは新しい治療法ではありますが、本場といわれるアメリカでは既に100万人以上の人がレーシック手術を受けており、それで失敗による失明がないというのですからこの点については、まず心配はないでしょう。

また、レーシックは、目にメスを入れるといっても、角膜の部分だけなので失明するということは通常まず有り得ないということです。

角膜に当てるレーザーも、角膜の内部までは入り込まず、角膜に吸収されてしまうので心配はありませんし、万一手術中に、災害のようなトラブルが起こった場合にもレーザーの照射が止まり、誤作動を起こすようなことはない仕組みになっているのです。

ですがレーシック手術を受ける場合には、症例の多い経験を積んだドクターに任せるのが安心ですね。


              


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/432

TOP >  レーシック手術  >  レーシック手術に失敗は?

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼レーシック手術が心配なら・・のオススメ本