TOP >  レーシック手術  >  レーシック再手術をしないために

レーシック再手術をしないために

レーシック手術により、視力が回復したのをいいことに、パソコンやゲームを長時間楽しんだり、暗い部屋で本を読んだり・・・などの、そもそもの視力が低下した要因を再び繰り返していたら、同じ様に視力は低下してしまいますよね。

金額的には決して安いとは言えない「レーシック」ですが、再手術無しで、一度の手術で思い通りの視力を得たいものですね。
割合はかなり低いにせよ、100%の効果を得られずに、再手術するという人も意外と多いようです。

レーシック手術を受けて、思い通りの視力に戻った!と喜ぶのも束の間・・・再び視力が低下してしまったという人もいます。

もちろん、手術前と同じレベルまで視力が低下してしまうことはないでしょう。
せん。
その原因として、その人の体質によっては、自然治癒力が働いて、削った角膜が再び厚みを増して、視力が低下するということもあるようです。

また、レーシックの手術というのは、今後修正する可能性も考慮して、限界の一歩前で手術を終了することがあります。

そのため、極端な近視の人の場合は、思い通りの視力にまで回復が至らないこともあります。
他にも、角膜の厚さを誤ったり、角膜が変形してしまうことにより、近視や乱視を再発させてしまうこともあります。

そういった理由の人たちがレーシックを再手術することになりますね。
ですから、レーシック手術が成功したからと言って、以前の「近視になりやすい生活」を続けることは良いことではありませんよ。


              


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/434

TOP >  レーシック手術  >  レーシック再手術をしないために

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼レーシック手術が心配なら・・のオススメ本