TOP >  レーシック全般  >  レーシックと乱視について

レーシックと乱視について

レーシック手術は一般的に、近視矯正手術として広く理解されているようです。
しかし、近視しか矯正できないわけではないのです。

近視と乱視の両方を持っているという人も少なくないと思いますし、乱視だけがあると言う人もいるでしょう。

軽い乱視であれば、メガネでも十分に矯正は可能です。
しかし、強度の乱視の人の場合は、メガネでは矯正しきれないことがあります。
きっとそのような方は、ハードコンタクトレンズや乱視用のコンタクトレンズ等で矯正されている場合も多いかと思います。
でも、コンタクトレンズが苦手な人って意外と多いですよね。


そのような人もレーシックを検討してみてはいかがでしょうか。

乱視が強くて、コンタクトレンズをはめているからマリンスポーツはムリ。とか
乱視用のコンタクトレンズをしてるけど、希望の視力にまで出ない。とか
このような人は一度、相談だけでもしてみるといいかもしれませんね

レーシックも、今までは複雑な乱視の場合は不可能とされてきたようです。
ですが、技術の革新により、複雑の乱視についても治療が可能となってきました。
複雑な乱視の人も希望が持てますね!。

乱視の人に限った話ではありませんが、以前にも説明しましたが、レーシックについては自分がきちんと理解することから入りましょうね。

今ではネットを使って、自分でもいろいろな情報を入手できるようになりました。
乱視のレーシックについても、きちんと理解して確実に自分の眼を任せられる医師を選べるよう情報を集め、病院選びをしましょう。


              


Google

この記事に関連する記事一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/435

TOP >  レーシック全般  >  レーシックと乱視について

▼ キーワードで情報を探す


▼ スポンサードリンク

▼お気入りに追加しよう

▼レーシック手術が心配なら・・のオススメ本