TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・特例納付制度について

個人年金・特例納付制度について

個人年金。年金保険への関心が高まっています。特例納付制度は、2年前までの分しか納められない国民年金を、遡り一括して納める事を可能にした特例の制度です。
納付期間が足りなかったりした人などを救済する為に設けました。過去1970年〜1980年に3回実施しています。
当時は国民年金の納付は市町村の窓口で受け付けていましたが、特例納付については省令で、市町村では受け付けられないことになっていて、社会保険事務所に納めていたようです。
そしてその後、国民年金をめぐるトラブルが多発し、今年になって年金記録不備問題が大きくクローズアップされ、この特例納付制度を利用して年金を納めた人の記録が消えているという人も出てきました。しかも社会保健事務所の対応は、領収書が無ければ認められないということでした。
今年7月には自民党の中川昭一政調会長はNHK番組で、公的年金保険料の納付記録漏れ問題に関連し、特例納付制度の運用を弾力的に見直す必要があるとの認識を示しました。
そして社会保険庁の体質改善、領収書が無い場合に支給の可否を判断する第三者委員会の設置など、対策が検討されていますね。
年金問題は対応が急がれる問題で、現在、社会保険庁では時間を延長して年金記録の突き合わせを実施して、対応しているようです。
政府は予算の総額を示していませんが、自民党内には「1000億円程度の税負担が必要」との予測があります。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/104

TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・特例納付制度について