TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金手帳

個人年金・国民年金手帳

個人年金・年金保険への関心が高まっていますが、国民年金に加入している証として年金手帳が配布されていますよね。これは青い色年金手帳(基礎年金番号通知書)かオレンジ色の年金手帳です。いろの違いは何でしょうか?
平成9年の制度改革によって、青い色の手帳になりました。
従って、青い色の手帳をお持ちの方は統一された「基礎年金番号」が記載されています。
オレンジ色の手帳をお持ちの方は、手帳を開いて見て、「基礎年金番号通知書」は添付されていますか?
オレンジ色の手帳は、国民年金と厚生年金で別々の番号を使っていた時代の物です。
1人の人にいくつもの年金番号が存在していたのです。
これを統一するために、通知したものが「基礎年金番号通知書」です。
統一後の「基礎年金番号」が記載されているので、それがあなたの番号と言う事です。
オレンジ色の手帳が二冊以上出てきたと言う方はいますか?
年金手帳に書かれている年金番号を確認してみたほうが良いでしょう。番号が同じであれば問題ないです。
違う年金番号の物が何冊かあるとか、手帳の中の「厚生年金保険」と「国民年金」の欄にそれぞれ番号が入っているという方は、どの番号が基礎年金番号に採用されたのかを社会保険事務所に確認を取る必要がありますね。
採用されていない番号の分の加入記録が、採用された基礎年金番号の記録にきちんと組み込まれているかも確認しましょう。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/105

TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金手帳