TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金の免除制度について

個人年金・国民年金の免除制度について

個人年金・年金保険への関心が高まっています。昨今の「国民年金問題」の話題で、国民のどれだけ多くの人が不安を抱えたことでしょう。生活にもろ影響してくるお金の問題ですから、格差社会と呼ばれる今、低い階層にいる人間にとって不安になるのは当然です。
必死で払ってきた保険料を未納扱いにされては、たまったものではありません。
そこで出てきたキーワード「未納」ですが、同じ支払わないでも、「未納」「免除」では大きな違いがあるのを知っておくといいでしょう。
まず、国民年金保険料納付の「免除」には「法廷免除」と「申請免除」の二種類があり、法廷免除は、生活保護などの扶助を受けている、1級、2級の障害年金を受けている場合のことです。
申請免除は、所得が少なく経済的に困っている、障害者または寡婦で所得が少ない、天災、失業で保険料の納付が困難な場合です。
この理由を申請すると、所得審査により、国民年金保険料が全額または半額免除になるものです。
「全額免除」を受けた場合には、老齢年金を受け取るための受給資格期間に入ります。
「半額免除」の場合は、保険料の半額を納めれば受給資格期間に入ります。
「未納」の場合は、受給資格期間には入りませんからご注意下さい。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/107

TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金の免除制度について