TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・年金の任意加入

個人年金・年金の任意加入

個人年金・年金保険への関心が高まっていますが、国民年金は、日本国内に住む20歳から60歳未満のすべての人が加入することになっています。 自営業者、会社や職場の年金の加入者とその配偶者、フリーターや無職の人、20歳以上の学生などさまざまな人が国民年金に加入しなければなりません。国民年金は、基本的には強制加入ですが、それとは別に任意加入する事が出来、任意加入の基準は、年齢が60歳未満で日本国内に住んでいる人で、退職年金を受けられる人、年齢が60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいて、受給資格期間の足りない人や過去に未納期間などがあり満額の老齢基礎年金を受けられない人又は受けていない人ということになってます。年齢が20歳以上65歳未満の日本国外に住んでいる日本国籍のある人で老齢基礎年金を受けていない人、年齢が65歳以上70歳未満の人で、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない人、が対象となります。基本的に国民年金の任意加入の手続きは市町村で行いますので、海外居住している人などの場合の加入手続きと保険料の納付は、国内での最終住所地に親族が住んでいる時は、親族の方に依頼して最終住所地の市町村で手続きをするようにします。 最終住所地に親族が住んでいない時は、日本国民年金協会に依頼して手続きをするのが良いでしょう。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/108

TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・年金の任意加入