TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・年金と付加年金

個人年金・年金と付加年金

個人年金・年金保険への関心が高まっていますね。自営業や農業の方、いわゆる国民年金の第一号被保険者の方、やはり老齢基礎年金だけでは不がもありますね。そのため、国民年金の第一号被保険者の独自給付というものがあ、独自交付は、「付加年金」「寡婦年金」「死亡一時金」「脱退一時金」の四種類があります。
まずは「付加年金」について取り上げてみたいと思います。
付加年金は、第一号被保険者であり、かつ、国民年金基金に加入していない人だけが加入できるものです。
付加年金に加入して、付加年金保険料月額400円を払うと、「付加年金を納めた月数×200円」が上乗せで毎年支給されるのです。
月額400円なんて微々たる金額と思われるか、そんなに払うの?と思われるかはわかりませんが、次の数字を見てください。
月に400円ですから、一年で付加保険料は4800円払うことになります。
一年間保険料を払っただけの人でも、受給のはじまる65歳から毎年、12ヶ月×200円=2400円の年金がもらえます。
付加保険料は、4800円支払っているわけですから、4800円÷2400円=2
要するに、二年で元が取れ、三年目からはプラスの金額になるのです。
そう考えると、かなりお得度は高いと思いますが・・・どうでしょうか?
老齢基礎年金だけでは不安だから増額したい・・・とお考えであれば、加入を考えられるのも良いですね。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/109

TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・年金と付加年金