TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金基金

個人年金・国民年金基金

個人年金・年金保険への関心が高まっています。まずサラリーマンは第二号被保険者ですから、国民年金に上乗せで厚生年金にも加入していることになります。ですから、プラスアルファの支給額があります。しかし、農業や自営業である第一号被保険者の場合は、国民年金のみの加入です。
受け取れる年金は、サラリーマンに比べたら安いですね。
その格差を埋めるために、「国民年金基金制度」というものがあります。
これは、第一号被保険者が任意加入できるものですが、しかし、任意で脱退はできません。
もちろん、第一号被保険者でなくなった場合には加入資格がなくなってしまいます。資格がなくなっても、それまで支払った分は、将来年金として支給されるのですが。
国民年金基金は「地域型基金」と「職能型基金」の二種類がありますが、それぞれの内容は同じとなっています。任意加入する場合はどちらか1つの基金を加入者が選びます。
この場合、地域型であれば他の都道府県に転居した場合。
職能型であれば、該当する事業、業務に従事しなくなった場合は、加入資格がなくなりますが、加入資格がなくなっても、加入資格のある国民年金基金に引き続き加入すれば、今までの掛け金で加入できる特例もありますね。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/111

TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金基金