TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金と学生

個人年金・国民年金と学生

個人年金・年金保険への関心が高まっています。まず国民年金は、日本に住む全ての人が、20歳になったら加入しなければなりませんね。加入すると言う事は被保険者ですから、イコール保険料を払う義務があります。
学生については「学生納付特例」と言う、特別な措置があるようです。
申請すれば、在学中の保険料の納付が猶予されるのが、「学生納付特例制度」です。
申請書を社会保険事務所か、市区町村役場の国民年金担当窓口に行ってもらいます。
ですが、「学生納付特例期間」の申請は、学生である期間は毎年しなければならないと言う事です。申請の日が遅れると、病気やけがによる障害が起きたときに「障害基礎年金」を受け取れなくなる場合もあります。
それから、「学生納付特例期間」については、10年以内ならさかのぼって保険料を払うこともできますし、そうすることによって、受給する際の金額を増やすことができます。
社会人になって、保険料を支払う様になったら、追納すると良いでしょう。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/113

TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金と学生