TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金基金制度とは

個人年金・国民年金基金制度とは

個人年金・年金保険への関心が高まってます。厚生年金基金は会社勤めをするサラリーマンやOLが加入するものですが、国民年金(老齢基礎年金)は基礎年金ですので厚生年金基金の加入者は国民年金も加入していますね。
厚生年金基金加入者と自営業者や農業を営んでいる人など、国民年金(老齢基礎年金)しか加入していない第1号被保険者と比べると、将来、受給できる年金額に大きな差が生じますね。この年金額の差を無くそうと、第1号被保険者から上乗せの年金を求める強い要望があり、平成3年4月に国会審議を経て、厚生年金基金などに相当する国民年金基金制度が創設され、国民年金基金制度により第1号被保険者の人の公的年金は第2号被保険者が加入している厚生年金などと同様に国民年金(老齢基礎年金)と国民年金基金の2本建ての選択が可能となっています。近年、日本人の平均寿命の高さは男女ともに世界でもトップクラスを誇っています。平成17年の調査では平均寿命が、男性が78.53歳、女性は80.49歳となっており、50年後には90歳を超える見通しもあります。従って、長い老後期間に備えての計画的な生活設計を立てる事が必要となります。
また、老後に必要な生活費は、平成17年の家計調査によれば、高齢者の世帯の支出は月額約27万円という調査結果が出ています。  
しかし国民年金(老齢基礎年金)だけではその受給金額の半分にも満たなくなる計算です。
そこで第1号被保険の加入者が国民年金基金制度を利用し、公的年金を2本建てにする事で、受給する年金額を補う事が可能になります。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/102

TOP >  個人年金 個人年金・年金  >  個人年金・国民年金基金制度とは