スキンケアが美肌の秘訣!TOP >  美肌スキンケア

美肌スキンケア

美肌スキンケア項目一覧

▼ しみのスキンケア

スキンケアにおいて、陽射しの強い季節になった時、日焼け対策をする方多いのではないでしょうか。日焼け止めを塗ったり、UV効果のあるファンデーションに切り替えたり。スキンケア用品を使い分ける人もいるでしょう。これは、しみに対する有効なケアですね。 しみの原因は過度の日焼け。陽射しの中の紫外線が、皮膚のメ

▼ スキンケア〜目のくま

スキンケアについて。 老若男女を問わず、くまができると、顔色が悪く、疲れて見えますよね。どんなに明るくふるまってみても、快活な印象とはいえないでしょう。 疲れの目安になると感じている人もおられるのでは無いでしょうか。 くまができる目の下の皮膚は、顔の中でもとても薄いのです。 頬の皮膚の厚みに対して3

▼ 肌荒れのスキンケア

スキンケア美人の条件は色々ありますが、よくいわれるのは健康な美しい肌。張り、艶のある、顔色のいい肌は、その人を美しく輝いて見せてくれます。 反対に、どんなに目鼻立ち美しく、メイクをばっちり決めても、肌が荒れていると、せっかくの手間をかけても、疲れて見えてしまうもの。肌荒れには気をつけたいものですね。

▼ スキンケア〜毛穴

スキンケアにおいて、毛穴の役目ってご存知ですか。実は皮脂を出すという役割があります。毛穴から分泌される皮脂によって、肌が保護されるのですから、大切な役割ですよね。 だからこそ、毛穴のトラブルは多いのです。穴というだけあって、皮膚の内部とつながる場所ですから、ここのスキンケアにも気をつけましょう。 代

▼ スキンケア〜くすみ肌のスキンケア

スキンケアについて、くすみとは皮脂と細胞の脂分が酸化して黒ずんだ状態のことです。 自分では分からない場合があるかもしれません。 いつものメイクで仕上がり感が気に入らないとか、いつものファンデーションをつかっているのに、顔が浮いて見える。首と顔の色が違ってきていたり、顔のおでこ、髪の毛の生え際と明らか

▼ スキンケア〜敏感肌

スキンケア敏感肌とは、角質層の水分が不足したり、正常な皮脂膜が作られなくなったりして、色々な刺激に対しての肌の感受性が高くなってしまう状態になっていることをいいますね。 肌の感受性がたかいということは、紫外線や肌に触れるものによって、かぶれや肌荒れなどを起こしやすくなってしまうということです。 肌の

▼ スキンケア肌着

スキンケアと関係なさそうな気がしますが、「肌着は第2の皮膚」ともいわれています。 人間の生理機能に影響を与え、暑さ寒さを調整し、汗を吸い取り、外部の刺激から肌を守っているのです。 よい肌着を身に着けるということは、適切なスキンケアといけます。体への影響が大きいのです。 スキンケアのための肌着を選ぶ際

▼ スキンケア〜足のスキンケア

温かくなると、足を出すファッションも増えてきます。 でも、スラッとしたパンツの似合う足っていうのもきれいですよね。 勿論、スカートをはくのも楽しくなります。 出かけること事態が楽しくなりますよね。 さあ、足のスキンケアをしましょう。 まず自分の足を見てみましょうか。 膝は黒ずんでいませんか。かかとは

▼ スキンケア化粧水

スキンケアの習慣になって、何気なく化粧水を使っているなんてことありませんか。それは勿体無いですよ。化粧水はスキンケアでも大切な役割を担っているのですから。 スキンケア化粧水の役割は、洗顔後の顔の突っ張り感をなくしてくれます。 でもそれだけではありません。肌を柔らかくし、後からつける乳液や美容液を浸透

▼ スキンケアクレンジング

スキンケアの基本は、肌に余分なもの、不必要なものを落とし、必要なもの、たりないものを補充することですね。 女性が毎日するメイク、特にファンデーションは本来、肌には不必要なものです。 だから、毎日かならず、メイク(ファンデーション)をしっかり落とし、肌をリセットすることは重要ですね。 リセットに必要な

▼ スキンケア洗顔

スキンケアのための色々なスキンケア洗顔料が出ていますね。 自分にあった洗顔料を見つけるのも一苦労といえるかもしれませんね。 普通肌の人は、好きなものを選べますが、敏感肌やにきび肌といったトラブル肌の人は、肌の刺激にならない=痛くない洗顔料というのが、選ぶ基準ですね。 今回は、にきび肌の洗顔をとりあげ

▼ スキンケア〜パック

スキンケアの中でもパックは忙しい日々を過ごす自分へのご褒美ですね。肌が疲れていると感じたときはパックを手に取る人もいるのではないでしょうか。 パックにも何種類かあります。 シートタイプやコットンを使う、ローション・美容液パックや洗い流すタイプ、はがすタイプなどがあります。 ローションパック・美容液パ

▼ スキンケア〜美容液

スキンケアの女性雑誌の特集で、よく特集をくまれるものに「美容液」があります。 美容液は化粧品の中でも保湿や美白などのほかに、アンチエイジングやリフトアップの効果を付け足してくれる高濃度エッセンスですね。 上手に選べば、自分の肌の悩みに特化した効果が期待できます。 美容液を購入したら、まずはメーカーの

▼ スキンケア〜乳液

スキンケア化粧水は肌にたっぷり保湿成分を与えます。肌を柔らかくして次につけるものの肌への浸透を高めてくれますね。 乳液はその保湿成分を蒸発させないように上から蓋をする役目をしてくれる、肌への伸びやすく、なじみのよい化粧水とクリームの間の存在です。 せっかく肌に必要な保湿成分を化粧水で送り込んだのです

▼ スキンケアクリーム

スキンケアでの顔のマッサージの目的は、肌を刺激することで顔の筋肉や細胞を活性化させて肌にハリを持たせることです。くすみやカサつきをとって保湿し、血行をよくしてくれるのです。 時間を作って、マッサージしていきましょう。 マッサージでクリームを使うには、顔にスチームをあててからだと、効果がさらに高まりま

▼ スキンケアは男性にも

スキンケアについては最近は男性にも見受けられるようになりました。また、日本でも男性用スキンケア用品が増えてきましたね。 デパートなどでも、専門のコーナーの面積が広がってきたり、ドラッグストアでも色んなメーカーから発売される、男性用のスキンケアの種類が増えてきたようですね。 イギリスでも同じような傾向

▼ スキンケア〜アトピー

かゆみと炎症があるアトピー肌は辛いものですよね。 アトピーの原因のひとつは皮膚のバリア機能の低下があります。 バリア機能が正常になれば、アレルギー体質が残ったままでも、お肌に炎症のない健やかな状態に保ち続けることができるようですね。 肌のバリア機能に必要なものとはなんでしょうか。 それはセラミドです

▼ アトピーの赤ちゃんの入浴

赤ちゃんの肌は、とても柔らかくデリケートです。健康肌でも、刺激に弱いものです。 アトピー肌の赤ちゃんなら、なおさらのことですね。 赤く傷ついた肌は痛々しいです。 アトピー肌の入浴について勉強しましょうね。 赤ちゃんは毎日、場合によっては日に二度入浴します。 使用する石鹸ですが、高価なアトピー用石鹸と

▼ スキンケア〜毎日規則正しく

美肌の基本は、 まずは肌の余分なものを落とすこと。コレに尽きます。 自分の手をきれいに洗いましょう。 洗顔は2段階です。クレンジングと洗顔になります。 念入りなクレンジングでメイクを落としましょうね。 ファンデーションを長時間ついたままだと、肌荒れの原因になります。 内側から外側に向かって指に力を入

▼ スキンケア見直しですっぴん美人

スキンケアがうまくいくと、すっぴんで外出しても恥ずかしくなくなります。 メイクして外出するのがマナーになっている方もおられるかもしれませんが、素肌にツヤがあり、「すっぴんで出歩けるわ」という人がうらやましいですね。 あなたも「肌がきれいですね」と言われる美肌作りに取り組みましょう。 例えば、高価な化

▼ スキンケア〜肌タイプ別

スキンケアは、肌タイプ別に行うと良いです。 肌は主に普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌の5つに分類されています。 今回は、あえて、肌トラブルの対策にとりあげられることの少ない、「普通肌」「脂性肌」「混合肌」について勉強してみましょう。 ○普通肌とは 角質層の水分が充分にあって、皮脂の量も適度な肌

▼ 季節に合わせたスキンケアを

スキンケアには実はこの日本という国は合わないのです。 日本には春・夏・秋・冬と四季があって、気温や湿度の変化が激しいからです。 でも、季節に合わせたスキンケアで、お肌のコンディションを整えるようにしましょう。 ○春のスキンケアは、 春は気温が高くなったり、低くなったり安定しないため、お肌の水分と油分

▼ スキンケアと保湿

スキンケアにはどんな化粧品を選べばよいか? セラミド入りの化粧品はうるおいを与えるだけでなく、肌の保湿力を高める働きもありますね。また、天然水ベースの物は体の水に近いので、浸透力があり、肌がうるおうことでしょう。(最近は持ち歩きに便利なミニボトルやスプレータイプの物、有名なミネラルウォーターで作った

スキンケアが美肌の秘訣!TOP >  美肌スキンケア


スポンサードリンク