TOP >  予備校  >  予備校の編入学

予備校の編入学

予備校への編入学試験もあるそうで、その受験者は年々増えているようで、それに対応して既に多くの予備校が編入学講座を設けているようですね。これは数字にも表れていて、受験者のおよそ10〜20%は予備校を利用した事があると考えられています。
編入学試験は一般入試と違って、予備校が必ずしも大きな力を発揮するわけではないようで、受験時代に数ヶ月間通った人だけでなく、独学や家庭教師を選んだ人もみんな合格することができたようです。
予備校によっては編入大学の情報が少なくて的外れの講義をしている、過去問がなかった・臨時のアルバイト講師など勉強にならない予備校もあるようです。
また、法外な授業料を請求されるなど落とし穴が多いのも事実なようでまだまだ編入に関しての予備校は選ぶ事が難しいところですね。
独学では物足りなくて不安な人や、あるいは総合大学でない専門的な大学から他の専門を受験するという人は予備校に通った方が良い方法とは思いますが、志望校の編入対策がしっかりしているかなどを説明会や体験入学などで調べた上で入学した方が良い選択だと思います。
ところで、予備校は早いところでは、12月頃から語学の準備講座が始まります。
4月頃から編入学試験レベルの語学や専門対策が始まり、受講料は10万円〜25万円くらいだと思います。もし希望した予備校が遠いと言うときや、そんなに費用は、出せないという方は通信教育を利用する方法もありますね。


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/119

TOP >  予備校  >  予備校の編入学