TOP >  予備校  >  予備校の学費

予備校の学費

予備校の学費の例を一つとります。EYE予備校で人気の講師陣が、より深い学力アップ指導や論文・2次試験対策などを行なってくれるようです。
合格の伝道師たちの指導は、マサに秀逸と言われており例年多数の合格者を輩出していて、ほかの予備校に負けないほど有名なのです。そこではまた、クラス担任制度を取っていて、その活動は、生徒達の情報面・精神面に関するフォローに力を入れています。
クラス担任による個別学習相談、そしてホームルームでの豊富な受験情報の提供、そして週間学習実績表による学習アドバイスを始め、フォロー講義の運営や官公庁・地方自治体などで働くEYEのOB・OGの紹介や受験仲間を作る事が出来、クラスコンパの実施などなど、多くのイベントを始め、アドバイスの達人たちが、受講生達を影からサポートしているようです。
最近予備校で話題になっているのが、チューターの仕事ですが、EYEは逸早く取り入れており、チューターは日々の学習相談はもちろんの事、模試の活用法やメンタル面の相談、生徒の悩み・相談にもっとも近い立場からのアドバイスをしてくれるので、きっとあなたの現在だけでなく将来的にも良い経験になって役立つと思います。
合格した暁には、あなたも合格チューターとして活躍する事も可能なので、興味のある人は同じ経験をしている学生達の悩みを聞いてあげるのもあなたとしても良い刺激になるでしょうね。
気になる予備校の学費ですが、1番人気なもので、フリーパスプレミアムコース(08年受験対象)294,738円(税込)となっています。
さらに「個別授業10回分」(1回60分)が受講できる「個別」重視のスペシャルコースのフリーパスプレミアムEYEコースだと(08年受験対象)332,500円(税込)ほどになります。
大学1・2年生、高校生向け 2009年度、2010年度合格対策だと数的処理・経済原論コース 94コマ 100,000円(税込)程が1番安いもので、3年間ウルトラコースだと1827コマ+個別授業10回で598,000円(税込)ほどかかるとのことです。

     EYE予備校
  http://www.globaleye.co.jp/


スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/121

TOP >  予備校  >  予備校の学費