浴衣・ゆかた・の極意について

ゆかた(浴衣)とは、そもそも、高貴な方々が入浴の際に着た「湯帷子(ゆかたびら)」が語源とされています。浴衣の祖先といっていいでしょう。時は平安時代にさかのぼりますが、風呂と言えば蒸し風呂だった時代のお話です。帷子(かたびら)とは麻の単(ひとえ)のこと。時代の移り変わりとともに、次第に庶民の間でも着られるようになっていき、素材も麻から綿などへと変わっていきました。そして近代になって、お風呂に裸で入るようになると、今度は風呂上りに着る木綿の衣類を「ゆかた」と呼ぶようになったのです。 やがて、浴衣は庶民の夏の普段着として定着しました。今では、普段着というよりもむしろイベントのある日に着るものとなっています。 伝統的なゆかたを着る機会といえば、夏祭りに花火大会。でも、最近では特別なイベントが無くても浴衣を着ている若い女性を見かけます。もともとゆかたは藍染めが基本ですが、最近ではむしろ紺地以外のゆかたの方が多くなってきました。最近のパステル調の浴衣も流行してきてますね。


スポンサードリンク

浴衣・ゆかた・の極意カテゴリー項目一覧

▼ 浴衣

┗  浴衣のお手入れはこうしましょう

┗  浴衣の色合わせ

┗  浴衣・今年の人気