TOP >  浴衣  >  浴衣の色合わせ

浴衣の色合わせ

浴衣は着物と同じく、楽しみのひとつに色のあわせがありますね。 
古典的な浴衣は、紺地と白地が数多く見られます。
これは、暑い日本の夏を快適に過ごすための工夫のあらわれです。
例えば、白地の浴衣は昼用で、家の中で着ると真夏でも涼しく過ごせますし、
紺地の浴衣の場合、紺色に染めるために使われている「藍」の香りを虫が嫌うことから、虫の多く出る夕方から夜にかけて着用するのが良いとされているのです。どうです?なかなか深い理由がありますね。
こうした色のあわせ以外にも、日本には伝統的にかさねの色目というものがあります。
かさねの色目とは?
ちょっと歴史の話ですが、平安時代(794年〜1192年)から鎌倉・室町時代(1192年〜1573年)の貴族の装束の色のことです。植物の花や実や根から「色素」を汲みだして絹などを染めあげた「染織物」の色のことを指します。また、「かさね」を、「重(かさね)」と書くときは、衣の表地と裏地を重ねたときにできる「重層色」を指し、「襲(かさね)」と書くときは、衣を重ね着したときにできる「配合色」を指します。
宮廷に仕える女官たちなどは、季節の移り変わりや宮廷のおける「ハレ(公け)」と「ケ(平常)」、着る人の年齢や好み、個性などに合わせて、衣服を選ぶセンスや教養が必要とされていました。
そこで、自然への融和を大切にした平安貴族たちは、衣服の色にも自然の美を積極的に取り入れ、四季折々の自然を模した、日本ならではの美しい色・配色を生み出してきたのです。

「かさねの色目」は着物に使われる色のあわせですが、浴衣も夏用の着物なので、夏の重ねの色目が浴衣の色をあわせるときのよい参考になりますね。
夏のかさねの色目のベースはさわやかな青と白です。


        

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adxba.com/mt/mt-tb.cgi/350

TOP >  浴衣  >  浴衣の色合わせ